アトピーを治療する

サプリメント療法もおこなわれるようになっています

アトピー性皮膚炎は、肌が著しく敏感な状態になり、炎症を繰り返し起こすという病気です。炎症が治まっても、肌は様々なところから刺激を受けて、再び炎症を起こします。炎症と回復との繰り返しで、アトピー性皮膚炎の人の肌は、徐々に黒ずんだり硬くなったりします。そのためアトピー性皮膚炎の人は、炎症による肉体的な苦痛だけでなく、肌の見た目や手触りが悪くなることによる精神的な苦痛を感じている場合が多いです。 従来はアトピー性皮膚炎の治療には、抗炎症効果のあるステロイド剤と、肌のバリア機能を高めるセラミドが配合された保湿剤によっておこなわれていました。現在はそれらに加えて、サプリメント療法もおこなわれるようになってきています。アトピー性皮膚炎は、ストレスや睡眠不足によって悪化します。そのためそれらを解消する作用のあるサプリメントを飲むことで、症状を改善していくことも可能なのです。また、サプリメントには美肌効果をもたらすものも多くあります。 肉体や精神の負担を減らすことのできるサプリメント療法は、今後一層おこなわれることが増えていくと考えられています。

治療を進めていく上での注意点

アトピー性皮膚炎の治療には、塗り薬やサプリメントも有効ですが、生活習慣の改善も非常に効果的です。先述したように、ストレスが溜まったり睡眠不足になったりすることが悪化の原因となるので、そうならないような生活習慣にしていくことは、治療においてとても大事なことなのです。逆に言えば、いくら塗り薬やサプリメントを使用しても、生活習慣に問題があれば、アトピー性皮膚炎はなかなか改善しないということです。 そのためアトピー性皮膚炎の人には、ストレスを緩和したり安眠をもたらしたりするハーブティを飲んだり、適度に運動をすることでストレスを発散したり熟睡しやすくしたりする人が多くいます。生活習慣の改善によって心身を健康な状態にすることで、アトピー性皮膚炎が完治したという人も少なくありません。

ページのトップへ戻る